フォト

ソフトウェア 喝

  • 学習し始めた企業責任者
    社会システムの開発遅延、障害などで世間を騒がせました。もっとも大きな失敗は、そのときの責任者の対応の拙さです。失敗を隠す。うそをつく。同じ過ちを学習しない。

カテゴリー「山菜食べた」の記事

山菜食べた

2016/05/26

山菜採り2016

山菜採り 2016.

日時:2016.5.20.21
場所:新潟県南魚沼郡三俣 宿は弥八でその裏山で
参加者:6名
収穫:上々、宿から山うどのお土産

5月20日。午前中に6名参加。
午後。宿のご主人の案内で裏山へ山菜採りに入る。
毎年同じ場所で山菜採りの地元の穴場。

今年は春の訪れが早く、山菜取りにはちょっと時期が遅い。
それでも沢山の収穫でした。
私はわらび・タラの芽・曲竹。山うどは宿のお土産で頂きました。
宿で、家で、山菜を食べました。

Img_2594_1

山菜採りに
Img_2601_1

山菜採り
Img_2597_1

2か所。計2時間で上々の収穫です。
Img_2606_1

宿で わらびの新芽
Img_2617_1

天ぷらで
Img_2618_1

山うどは宿のおみやげです
Img_2664_1

わらび あく抜きで一昼夜
Img_2665_1

タラの芽
Img_2666_1

たけのこ 下処理後食べられる部分は少ない
Img_2669_1

タラの芽・ウドのウィナナー炒め
Img_2671_1

サラダで
Img_2672_1

鶏肉・舞茸・曲竹・ウド・わらびの炒めもの
Img_2685_1

わらび・たけのこ・ウドの葉部分の煮物
Img_2686_1

美味しい。マヨネーズと海苔で

Img_2692_1


2016/05/04

山菜を食べる 331

山菜 331

県のアンテナショップで山菜を買った。
宮城県おかひじき、信州のこごみ、山うど、茨城のほうれん草。
あく抜きの塩茹で処理をして、サラダで・あぶら炒めで食べた。
春のほろ苦さを味わいました。
春はちょっぴりほろ苦いものなのです?。・・

こごみ、おかひじき
Img_2367_1

山うど、こごみ、たけのこ
Img_2401_1

ほうれんそう
Img_2368_1

鶏肉、山うど、たけのこ、人参、こごみ
Img_2402_1

こごみ、山うど、おかひじき、人参、とまと、小松菜
Img_2405_1

Img_2404_1


2016/04/27

山菜を食べる

山菜を食べる

この時期、
銀座・有楽町界隈にある山形県・長野県・福島県・富山県・他の多くのアンテナショップ店で、山菜が店頭に並んでいます。
こしあぶら、タラの芽、こごみを購入しました。
あく抜き、塩茹でなどしてから適当に料理し春を頂きました。

昼蕎麦の時に、そば前で山菜天ぷらを楽しんでいるお客を見かけます。お値段は600円程度。多くの店は夜の営業時間しか出してくれません。??。

こしあぶら、こごみ、タラの芽。
Img_2269_1_2

湯がいてからサラダで。
Img_2270_1_2

天ぷらで。
Img_2289_1_2

山菜ときのこ・にんじんの炒め物で
Img_2290_1_2

こごみとウインナー・油揚げ・人参の油炒めで。
Img_2298_1_2

口直しは海のひじきで。
Img_2297_1_2


スキー宿で。新潟のお酒を地元の仲間から。
019_1_2

宿の食卓で春の香りを。
046a_1_2

宿で保存していた山菜も。
002a_1_2

2016/04/13

山菜を食べる

bottle山菜採ったら食べる bottlesnowbottle

新潟県三俣村のスキー宿。
3月末から4月に雪の中から土が顔を出し、緑が芽吹く。
宿の食卓に蕗の天ぷらがのる。新潟の銘酒がすすむ。
5月連休後に半年のスキーをシーズンを終了、山菜採りで締めくくる。
お土産の山菜は家で頂く。

本年は積雪が少なく、春が早く来たようで私はスキーを終了した。
スキーを止めて、河原で蕗の薹を沢山摘んだ。
家で毎食美味しく春を頂きました。

恒例行事の山菜採りは5月中旬頃と早める予定。


4月初めの三俣で
Img_2059_1

ゴマ油で炒めて砂糖・ポン酢・胡椒などで
Img_2060_1

宿の食事に山菜
046_1

これまでの山菜採り。
家で調理したものを記録しています。美味しく頂きました。 
030a_1

017_2_1

001_2_1

001_1_1

004_1

004_1_1

A001_1

003a_1

018_1

越後湯沢で食べるそば屋の舞茸天
Img_1796_1

かぐらスキー場のけんちん蕎麦草餅付
Img_1781_1

新潟の塩花豆
1_001_1

山菜採りの宿で bottle
041_1
bottle
046_1_1

Img_1644_1

Img_1923_1

Img_2037_1

ロープウェイの下で採集不可 花開く
017_1

4月4日の三俣
Img_2035_1

4月3日(日)の三俣の上のかぐらスキー場
Img_2026_1

4/3撮影。
スキー場の写真上部で標高1700m。積雪は220センチ。
他のスキー場は閉鎖。
ここ「かぐら
」にスキーヤーが集まります。


2016/04/12

山菜採り

山菜採り

新潟県三俣村の春スキーが神楽上部に移動するころ。
残雪に茶色い土か広がり、木々に赤や緑が芽吹き、暖かな日差しが降り注ぎます。
すると河原や山道に山菜が顔を出します。

宿の食事の一品に山菜の香りが載ります。スキーを止めて山菜をちょっと採ります。
スキーシーズン終了の5月は宿の方にお願いして山菜採りをします。
楽しみは、春の野山へ入ること。宿で山菜料理を頂き、新潟の銘酒で集うこと。そしてお土産に持って帰り自分流の調理で食することです。

今年も例年通り計画中です。
・・・


015_1

005_1

013_1

011_1

014_1

Img_1405_1

017_3_1

Img_1409_1

リフトの下は採ることができず、花開く
017_1

本年4月5日の蕗の薹
Img_2059_1

食べられる部分はちょこっと
003_1

ちょこっとが貴重です。頂きます。
016_1

あく抜き
001_3_1

008_1

初めての灰汁抜きで失敗。山菜は溶け、お鍋は使い物にならなくなった。
005_1_1

料理へ続く
・・

その他のカテゴリー

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31