« スキー6 | トップページ | スキー8 »

2019.02.16

スキー7

スキー7

日程:3日
場所:白馬八方・対岳館泊
参加:4名+現地合流2名
天候:雪濃霧・雪濃霧・雪濃霧 

3日間天候不良。
天候悪い中でも、スキー・温泉・お酒・くつろぎありで、楽しいスキーでした。
対岳館では、丸山庄司氏からスキー、山岳展示品の説明、それと本人著のスキーエッセイ本をサイン入りで頂きました。
リーゼン小屋では、例年通り、お昼はうどん、おやつのおしるこ、自家製野沢菜付きです。今年もバレンタイのチョコレートも頂きました。
濃霧を理由に何時もより休憩時間が長が~くなりました。

対岳館
Img_6641
対岳館から白馬八方スキー場を 濃霧
Img_6640
白馬八方ゴンドラ 上部は濃霧で見えない、けれど上がる。
さらに上部の黒菱・第一ケルンは全く見えず。
Img_6644

Img_6628
リーゼン小屋からリーゼンスラローム
その上の上部は視界不良・視界零へ
Img_6627
お昼のわかめうどん、翌日はカレーうどん
Img_6626
客全員へ 一つ
Img_6621
対岳館スキー展示室・休憩室にも使用
Img_6629
サイン入りの受贈本
Img_6647
スカイラインは濃霧で全く見えない。それでも根性で濃霧の中を滑り、モーニングコーヒを毎朝飲んだ。10時まで注文も毎年100円につられて。
Img_6645

濃霧でまわりも雪面さえ見えない状況下のスキーで気持ち悪くなり、吐き気も。リーゼンコースの中間からは霧もなくなり、リーゼン小屋で一人休憩・・。


« スキー6 | トップページ | スキー8 »

スキー」カテゴリの記事

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ソフトウェア 喝

  • 学習し始めた企業責任者
    社会システムの開発遅延、障害などで世間を騒がせました。もっとも大きな失敗は、そのときの責任者の対応の拙さです。失敗を隠す。うそをつく。同じ過ちを学習しない。
フォト