フォト

ソフトウェア 喝

  • 学習し始めた企業責任者
    社会システムの開発遅延、障害などで世間を騒がせました。もっとも大きな失敗は、そのときの責任者の対応の拙さです。失敗を隠す。うそをつく。同じ過ちを学習しない。

2019.07.15

今週の出来事

今週の出来事 

梅雨空が続いています。
けれど先週は何時も通りの日々と違い、いろいろありました。

年1度の会合が3日つづいて有った。
高校同窓会・旧会社の会合が2つ。

夜間、不整脈(心房細動)で明け方まで苦しんだこと。
体重があっという間に2K減。今は戻った。

通院。
3ヶ月に1度の不整脈での病院検査通い。けれど近所の眼科へも。
不整脈は、通院(埼玉県)で時間がかかるのと、検査結果も良く問題も無いとのことで、自宅近くの病院へ紹介状を書いてくれた。それなのに発生し苦しむ。
眼科は区の高齢者対象者案内状で受診した。そして再診。結果は白内障。手術は今後の経過次第。

電化製品買い替え。
洗濯機・電気ポット・食器乾燥機。
新品の使い勝手は良く、満足している。
古い洗濯機は引き取ってくれたが、それ以外は粗大ごみとしての個人での処理。
一緒に毛布・布団・引き取ってくれなかった電気掃除機も処分。
粗大ごみの回収日は雨で、透明なビニール袋を購入し、雨除け対策などした。

先週は、何時もと違い忙しく変化の大きい週でした。


日比谷公園

Img_8994
几水準点 106日比谷公園烏帽子石
Img_8995

Img_8996

Img_8998

Img_8997
噴水
Img_9001
ヒマラヤ杉 
Img_9002
ヒマラヤ杉
Img_9003
亀石
Img_9004
亀石に几水準点 105日比谷公園心字池の亀石
Img_9005

Img_9006
日比谷見附跡 24.日比谷門
Img_9007
日比谷公園入口
Img_9008



2019.07.08

不忍池 蓮観

蓮の花

不忍の池へ蓮の花を観に行く。
花は咲き初めで少なく、さらに午後の時間では蓮の花観は良くない。
池を一回り。次回の蓮観へ?。

上野公園から不忍の池へ
Img_8935 
弁天堂
Img_8936 
不忍池
Img_8938 
不忍池
Img_8937 
不忍池
Img_8939
不忍池
Img_8940
不忍池
Img_8941
不忍池
Img_8942
不忍池
Img_8943


2019.07.07

Kin3歩

Kin3歩 南千住から浅草

久しぶりの南千住駅です。
駅近くの回向院、延命寺境内へ。
回向院のあたりは、江戸時代には、小塚原といわれ、品川の鈴ヶ森とともに処刑場があったところです。
国事犯の処刑場となったため、橋本左内、頼三樹三郎、吉田松陰や鼠小僧、高橋お伝の墓など多くの供養碑があります。

回向院
Img_8831

Img_8826 

回向院は、寛文七年(1667)、本所回向院の住職弟誉義観が、行路病死者や刑死者の供養のために開いた寺で、当寺は常行堂と称していた。
 安政の大獄により刑死した橋本左内・吉田松陰・頼三樹三郎ら多くの志士たちが葬られている。
 明和8年(1771)蘭学者杉田玄白・中川順庵・前野良沢らが、小塚原で刑死者の解剖に立ち合った。後に解体新書を翻訳し、日本医学史上に大きな功績を残したことを記念して、対象11年に観臓記念碑が建立された。(荒川区教育委員会)


橋本左内
Img_8824 

Img_8829 
悪役4人組”です
『高橋お伝』『腕の喜三郎』『鼠小僧次郎吉』『片岡直次郎』。
Img_8828
カールゴッチ
Img_8823

日本近代医学の黎明「解体新書」
Img_8827 

Img_8830


延命寺
Img_8833

Img_8832
首切り地蔵尊
Img_8840
三角点があります
Img_8837 

三河島
目黄不動尊 
他に、目白・目青・目赤・目黒があります。
Img_8846 

Img_8844 

Img_8845

三河島。
投込み寺 浄閑寺
Img_8853 

Img_8852  
新吉原総霊塔
Img_8854
花又花酔句壁
Img_8855 
新比翼塚 があります
Img_8851


新吉原 見返り柳
Img_8865 

Img_8866

浅草へ・・
Img_8868

Img_8869 


待乳山聖天
Img_8878 

Img_8877
本堂
Img_8875
大根を供えます
Img_8876
東京の自然のお山です。

Img_8871
ケーブルカーがあります。
Img_8872 
山頂に「三角点」。
Img_8873




«街中の風景