カテゴリー「今日の出来事」の26件の記事

2019.10.31

霧の朝

晴の予報は霧の海

晴の予報。朝、カーテンを開けたら霧の海。えっーという感じ。
環七通りへ出てみました。

自宅から
Img_0118
環七交差点 板橋方向
Img_0115
環七交差点 亀有方向
Img_0113a 
陸橋へ上り
Img_0112 
陸橋から

Img_0111
夕方の鰯雲
Img_0131



2019.10.06

ラグビー日本

日本ラグビー次も期待

頑張れ日本
Photo_20191006112301
東京丸の内で
Img_9837

Img_9835

Img_9836

Img_9433_20191006112601



2019.08.13

猛暑の日々

猛暑の日々

猛暑に耐えてる日々。

夏バテ気味です。
不整脈が再発してきた。
散歩の目標歩数を8千歩に下げているが、結果は5千歩程だ。
おまけに、首痛いが続いている。
食事量が減少気味で、お菓子の減りも少なく、やっと戻った体重も、ここにきて2kg減少。

家ではクーラはON。
水分補給など注意。
10年間程続けている昼食「昼蕎麦]を、この夏から昼うどんにした。が、うどんは食べきれず必ず残るので、今は、夏季おすす・限定などの「そば又はうどん」へ切り替えた。
それと、身体に良いと思える生活改善を図っているつもりだが、どうか、な?!!。
暑さ対策に日傘も購入した。


夏季おすすめの麺類

冷梅おろしうどん おろしを忘れて100円引きでした。
Img_9250
冷し肉そば温玉のせ
Img_9275
和風冷麺
Img_9288 
冷し茄子おろし麺
Img_9295 
こくうまサラダ胡桃添え
Img_9311
冷ぼかし 
Img_9317
梅しそ冷しゃぶうどん
Img_9320

2019.07.15

今週の出来事

今週の出来事 

梅雨空が続いています。
けれど先週は何時も通りの日々と違い、いろいろありました。

年1度の会合が3日つづいて有った。
高校同窓会・旧会社の会合が2つ。

夜間、不整脈(心房細動)で明け方まで苦しんだこと。
体重があっという間に2K減。今は戻った。

通院。
3ヶ月に1度の不整脈での病院検査通い。けれど近所の眼科へも。
不整脈は、通院(埼玉県)で時間がかかるのと、検査結果も良く問題も無いとのことで、自宅近くの病院へ紹介状を書いてくれた。それなのに発生し苦しむ。
眼科は区の高齢者対象者案内状で受診した。そして再診。結果は白内障。手術は今後の経過次第。

電化製品買い替え。
洗濯機・電気ポット・食器乾燥機。
新品の使い勝手は良く、満足している。
古い洗濯機は引き取ってくれたが、それ以外は粗大ごみとしての個人での処理。
一緒に毛布・布団・引き取ってくれなかった電気掃除機も処分。
粗大ごみの回収日は雨で、透明なビニール袋を購入し、雨除け対策などした。

先週は、何時もと違い忙しく変化の大きい週でした。


日比谷公園

Img_8994
几水準点 106日比谷公園烏帽子石
Img_8995

Img_8996

Img_8998

Img_8997
噴水
Img_9001
ヒマラヤ杉 
Img_9002
ヒマラヤ杉
Img_9003
亀石
Img_9004
亀石に几水準点 105日比谷公園心字池の亀石
Img_9005

Img_9006
日比谷見附跡 24.日比谷門
Img_9007
日比谷公園入口
Img_9008



2019.01.04

2019,年

2019年お正月

本年もよろしくお願い致します。

元日:お雑煮・おせち・お屠蘇は無しで、おめでとうございます。
初詣は今年も上野の五条天神社。
初詣の人々が沢山並んでいました。10年前は初詣の人は数人でしたのに、だんだん多くなり、今年も横から控えめにお参りさせて頂きました。
上野の山へ。大仏山と擂鉢山。

2日:東京駅へ。けれど皇居参拝は止めました。
誕生日は例年通りおしるこ(粟ぜんざい)で祝いました。

3日:箱根駅伝の応援。
今年は母校が出場しているので応援のしがいがあるかと、・・・。
ですが、応援は途中で止め、遅めの昼そばを食べて帰宅した。

4日:定期健診で朝早くから病院へ。広~い待合室所は老人ばかりです。

初日の出・・・ 空は赤色かったけれど?!
Img_6063
上野 五条天神社
Img_6070
鳥居
Img_6072
寛永寺清水観音堂から不忍の池弁天堂を
Img_6066
大仏山
Img_6075
擂鉢山へ
Img_6077
山頂 三角点表示があった場所
Img_6078
上野の山
Img_6081


粟ぜんざい
Img_6084


新橋付近で応援
Img_6099

Img_6100

Img_6101
ちくわ天400円
Img_6104


2018.12.31

一年のおわりに

一年の終わり

本年もつつがなく過せ、年末のこの時期だからこそのお礼参りをしてきました。
良いお年を迎えましょう。


靖国神社

Img_5880

Img_5879

Img_5878

Img_5876

Img_5875

Img_5870


根津神社

Img_6007

Img_6010

Img_6011

Img_6009

Img_6008


不忍池辯天堂

Img_6020


東叡山寛永寺 清水観音堂

Img_6021


増上寺

Img_6033

Img_6031

Img_6026

Img_6028_2


神田明神

Img_6044

Img_6045

Img_6046

Img_6050

Img_6048

Img_6049


湯島天神

Img_6055

Img_6057

Img_6056



2018.10.07

日本橋で七味

日本橋へ

久しぶりに晴れて暑くなった連休初日を日本橋へ。

日本橋3歩は、七味唐辛子を買うためです。


友達から長野善光寺の八幡屋磯五郎の七味唐辛子を頂いた。
Img_4656


実は、長野善光寺へお参り予定をしてから2年過ぎています。
毎年、数回長野駅へ行くのですが善光寺さんへお参りしたことがありません。善光寺さんへは、お参り
と七福神巡り。それと七味唐辛子と七味のお菓子さらに信州そばです。
仲間からまだ行っていないの?。と言われ続けられています。


七味唐辛子はスーパの物を使っていました。
けれど2年前、小説に出てくる七味に興味を持つた。
小説はテレビ放映もされた 内藤了「猟奇犯罪捜査班 藤堂比奈子+」シリーズで、主人公・藤堂比奈子が愛用しているのが、「八幡屋磯五郎」の七味唐辛子で、七味の使われ方が面白い。
文庫本はシリーズ11冊続いていて、11巻の帯に次回「BURN」でついに完結とあります。



長野・東京・京都の七味唐辛子を揃えたく、
浅草「やげんぼり」の辛味を薄めで調合してもらった七味を購入。
京都の七味は京都アンテナショップが閉店してしまい、今回、日本橋高島屋の京都展へ出かけた。七味購入した。

薬研堀の七味唐辛子
Img_4655
薬研堀の七味菓子
Img_4506
00
京都七味家の七味
Img_4651

神田駅から歩く、昼そばは福島県のアンテナショップで天栄村のお蕎麦特別イベントがあり入店。
天ざる 美味しいそばが半分食べ残る⁉。

Img_4637



七味購入後は日本橋の「魚河岸跡地」へ。
10/6は築地魚河岸市場が最後の日。
83年間続いた築地も魚河岸跡地になる。

日本橋魚河岸跡 日本橋の北詰・東側に

Img_4645

Img_4644

日本橋魚河岸跡
所在地 中央区日本橋室町一丁目八番地地域
 日本橋 から江戸橋 にかけての日本橋川沿いには、幕府や江戸市中で消費される鮮魚や塩干魚を荷揚げする「魚河岸 」がありました。ここで開かれた魚市は、江戸時代初期に佃島の漁師たちが将軍や諸大名へ調達した御膳御肴の残りを売りだしたことに始まります。この魚市は、日本橋川沿いの魚河岸を中心として、本船町・小田原町・安針町(現在の室町一丁目・本町一丁目一帯)の広い範囲で開かれ、大変な賑わいをみせていました。
 なかでも、日本橋川沿いの魚河岸は、近海諸地方から鮮魚を満載した船が数多く集まり、江戸っ子たちの威勢のよい取引が飛交う魚市が立ち並んだ中心的な場所で、一日に千両の取引があるともいわれ、江戸で最も活気のある場所の一つでした。
 江戸時代より続いた日本橋の魚河岸では、日本橋川を利用して運搬された魚介類を、河岸地に設けた桟橋に横付けした平田舟の上で取引し、表納屋の店先に板(板舟)を並べた売場を開いて売買を行ってきました。
 この魚河岸は、対象十二年(一九二三)の関東大震災 後に現在の築地に移り、東京都中央卸売市場へと発展しました。
 現在、魚河岸の有ったこの場所には、昭和二十九年に日本橋魚市場関係者が建立した記念碑が有り、碑文には、右に記したような魚河岸の発祥から移転に至るまでの三百余年の歴史が刻まれ、往時の繁栄ぶりをうかがうことができます。
(写真)日本橋から見た震災前の魚河岸(左端)と日本橋川の様子、奥は江戸橋
平成十九年三月
中央区教育委員会


日本橋

Img_4650
日本橋
Img_4649
日本橋から下流方向
Img_4647



暑い日でアイスコーヒで休憩。

口内炎が右側内に広がり、反方向は奥歯抜歯のまま3ヶ月経過の治療中で食事が美味しくない。
夕食の焼鳥2本が2時間もテーブルにあった。
なんとか完食。



2018.09.19

秋の空

秋の空

9/19日。6:00時。
東の空。その10分後は急変。

Img_4480

Img_4481


秋と夏の残り。道路沿い花壇の隣同士。

Img_4478

Img_4479



2018.09.05

台風21号で

台風21号

台風21号が大きな被害を残した。
台風21号の被害状況はニュース、動画等でリアルに見せられた。
都市部の災害は河川などよりも人災の部分を見せている。
ニュース速報などでは、自動販売機の横転、自動車の転倒と飛ばされ、それに伴う2次被害、ビルなどの屋根の崩壊、建設中足場の崩壊と道路の寸断、街路樹の転倒と電線切断、高潮による冠水、タンカーが流されて橋破壊などなど報道している。

9月1日  防災の日。

八丁堀にある石碑です。
左側が「戦災遭難死者慰霊碑」(太平洋戦争での空襲)で、右側が「大震火災遭難追悼碑」(関東大地震)です。

Img_4325

現状。
およそ10年間で約9割の市町村が水害・土砂災害を 受けている状況にある。そうです。
大都市を流れる大きな川の計画規模は「平均して100年~200年に一度の割合で発生する洪水に対して安全な川づくりを行っている。
一方、中小河川の計画規模は1/10~1/50年程度とされている例が多いようです。と、ある。

300年に1度の洪水にも耐えるようにすればいいのでは、という議論がある。
税金には限りがあるので、むやみにお金をかけられない。また、工事のときは、お金だけでなく、土地の購入、家屋の移動、反対者対応。一人の反対があっても、なかなか工事が進まない。

写真は近所の災害対策の道路拡張工事の状況です。
開始後4,5年経過しています。まだまだ長期間要する。お金のかかることも分かる。

Img_4390

原子力発電所の災害対策は最優先で実行されています。


2018.08.29

秋へ・・

夏・秋へ 

蝉の声が少なくなったのに気づく。
夏蝉の煩いほどの声が静かです。鳴いてる蝉の声を頼りに目を凝らして見ると、幹に5匹の蝉が見えた。路にも一匹。

今日は蝉の声が無い。



Img_4178a
路に
Img_4326


この夏の熱中症対策必需品とした。
カバンへも入れてます。

頂いた寒干し大根 干し梅 カリカリ梅 いぶりがっこ 塩分チャージ 梅こんぶ 昆布あめ など・・ 
Img_4164
アボカドトマトそばは、 新そば
Img_4354
真夏に 煮込みうどん(埼玉市加須)も・・
Img_4307


より以前の記事一覧

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ソフトウェア 喝

  • 学習し始めた企業責任者
    社会システムの開発遅延、障害などで世間を騒がせました。もっとも大きな失敗は、そのときの責任者の対応の拙さです。失敗を隠す。うそをつく。同じ過ちを学習しない。
フォト